熊本地震から1年

皆様お疲れ様です。ピースです。
以前からこのブログでお話してきました基本情報技術者試験が終わった直後ですので、今日は短く。

昨日(4/15)の産経新聞1面からです。

熊本地震1年追悼式
強靭な国造り誓う

観測史上初めて同一地点で2度の震度7を観測し、熊本、大分両県で関連死などを含む225人の犠牲者を出した熊本地震は14日、前震の発生から1年を迎えた。熊本県境では同日、遺族や蒲島郁夫知事、関係者ら約370人が出席し、県主催の犠牲者追悼式が開かれた。
追悼式から冒頭、参列者全員で黙祷。主催者を代表し、蒲島知事が「創造的復興を成し遂げた『ふるさと熊本』を次の世代に引き継ぐ」とあいさつした。参列した安倍首相は「地震から得られた教訓を踏まえて、災害に強い、強靭な国造りを進めていくことを固くお誓いする」と述べた。
熊本地震の犠牲者は、直接死が50人で、関連死170人と、6月の大雨で地盤が緩んだ土砂に巻き込まれて死亡した5人を含め計225人。関連死認定は直接死の3倍強となっている。

この熊本地震については、昨年4エントリにわたって記事起こしをしました。
東日本大震災が3月11日でしたから、この年度を跨ぐ時期は、仕事も忙しい中ですが、本当に色々考えさせられますね…
もう、このブログをずっと読まれている方はお分かりだと思いますが、「強靭な国造り」は、今の日本にとっては最も重要な課題の一つです。
私も、今年度も技術者としての持ち場を大事にしつつも、行政の防災に対する取り組みにも注目し、こちらでも話題にしていく所存です。

本当に短いですが、今回は以上で。

よろしければ、1日1回応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

主催サークル(ブログサークルSNS)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA