令和元年11月studyplus記録+ブログ名再変更のこと

皆様お疲れ様です。ピースです。
今年もあと1か月となりました。
プライベートも、年越しの準備ですが、仕事も来年3月までの繁忙期に入ります。
体調にも気を付けながら、頑張っていきたいと思います!

本題は、2本立てで。

1.令和元年11月studyplus記録報告

“令和元年11月studyplus記録+ブログ名再変更のこと” の続きを読む

令和元年11月12日~11月28日読書レビューまとめ

皆様お疲れ様です。ピースです。
本格的に寒くなってきましたが、長期予報では今年は比較的暖冬傾向といわれているようですね。
しかし、その分日ごとの、あるいは昼夜の寒暖差が激しくなるということでもあるので、体調にはくれぐれも気をつけて過ごしましょう。

そして、いよいよ、本年も残り1ヶ月と少しとなりました。
私は3月までの繁忙期、まずは「師走」のひと月を乗り越える準備期間です。

さて、本題は前回「読書ログレビュー」から改めたと申し上げました、読書レビューです。
今回は早速、電子書籍のみの出版のものを3冊中2冊取り上げています。 “令和元年11月12日~11月28日読書レビューまとめ” の続きを読む

令和元年台風19号の被害を通して、気候変動と相次ぐ水害への対応を考える(2)「真の国土強靭化」へ、ハードとソフトの両面から

皆様おはようございます。ピースです。
11月も、もう下旬となりました。
寒くなってきたので、体調には十分お気をつけてお過ごしください。

そして、平成31年-令和元年ももうあと40日足らずとなりました。
いよいよ12月~来年3月の繁忙期に入りますし、私自身も頑張りどころです。

本題は、台風19号および豪雨対策のお話

令和元年台風19号の被害を通して、気候変動と相次ぐ水害への対応を考える(1)-はじめに、新天皇陛下のエピソードから


の続き。
10/14産経2面「主張」より。 “令和元年台風19号の被害を通して、気候変動と相次ぐ水害への対応を考える(2)「真の国土強靭化」へ、ハードとソフトの両面から” の続きを読む

500円玉貯金

財布に入っている500円玉は基本的に使わない、その日のうちに500円玉専用の貯金箱に入れる。
こう決めておくと、おつりで500円玉が渡されたときに、「あ、500円玉が来たな」と思います。
「あ、500円玉が来たな」-たったそれだけですが、その500円玉に気を向けるきっかけが生まれます。
財布に500円玉が何枚か入っていると、「ああ、今日は500円玉がよく来る日だな」などと思う。財布の中に500円玉がただあるのではなく、存在感がグンと増すのです。
500円玉貯金には、小さなお金にも気を向けられるようになること以外にも、うれしい特典がいくつかついてきます。
一旦500円玉用の貯金箱に入れたら、そのお金はないも同然と考えます。一方で日課として、財布に500円玉があったら必ず貯金箱に入れる。
すると、ある時ふと気がつくと、合計5万円ほどのお金がいつの間にかたまっていることもあるのです。
(亀田潤一郎『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』より)

500円玉貯金で重要なのは、貯金箱選びです。
100円ショップでもよく見かけますが、貯められるポイントは、簡単には開けられないものを選ぶことです。
貯金箱を買って貯金していても、手持ちがなくて貯金箱を充てにしてしまっては、中々貯められません。
簡単に開けられないタイプ、つまり蓋がない缶タイプが最適です。
缶タイプなら、入口だけで、出口がないため缶切りがないと開けることができません。
お金を出したくても、缶切りで開けるかどうするか…と、葛藤があり、しばらく悩みます。
缶切りで開けるということは、意外にハードルが高いものです。
そのうち、貯金箱を開けることを諦めて、他の方法を考え始めるでしょう。
(Kao/MBビジネス研究班『ADHDのマル秘トレーニング』より)

“500円玉貯金” の続きを読む

令和元年台風19号の被害を通して、気候変動と相次ぐ水害への対応を考える(1)-はじめに、新天皇陛下のエピソードから

皆様こんにちは。ピースです。

本日は、当初の予定から延期になった、天皇陛下の祝賀御列の儀(ご即位パレード)が行われます。
私は、諸事情によりあいにく現地には向かえそうにないため、テレビに映られるのを待ちながらのブログ更新です。

さて、「土木系技師」である私にとって、天皇陛下と言えば、「水問題への提言」の印象が何よりも強いです。
というわけで、
「それだけのおめでたいことと、本日の本題である、パレード延期の原因ともなった『水害』というまったくおめでたくないことを重ねてみるのはどうなのか?」
というのは確かにありますが、その一方で、近い時期にこういうことが起こったのが「ただ単なる偶然」で済ませられるとも思えない、なんとも不思議な感じです。

以下の引用は、10/23(即位礼正殿の儀の次の日ですね)の産経1面、産経抄から。 “令和元年台風19号の被害を通して、気候変動と相次ぐ水害への対応を考える(1)-はじめに、新天皇陛下のエピソードから” の続きを読む

プチ朝活(2)

自分流にカスタムするだけでは足りない、どうしても時間がない、という日もあると思う。 そこで僕は、多忙で時間が取れない人や、「用事がひとつ増える」ことが精神的に負担になるという人に活用してもらえる「6分間のモーニングメソッド」も用意した。
時間に追われているときでも、自分を成長させる習慣を手放したくない。そう思うなら、絶対にやるべき。1日わずか6分なら、確保できない日はないはずだ。忙しい朝には6分間を、例えばこんなふうに使ってみよう。
1分
朝、穏やかに目を覚ます。大きなあくびをして伸びをし、笑みを浮かべて。忙しい朝を、慌ただしく始めるのではなく、最初の1分間、静かに座って「目的のある沈黙」を。静かに穏やかな気持ちで座り、ゆっくりと深い呼吸をする。(中略)
2分
毎日のアファメーションを行う。(中略)
3分
目を閉じるかビジョンボードを見つめながら、イメージングを行う。(中略)
4分
1分間で、感謝すること、自分を誇りに思うこと、今日出したい結果の3つを書き出す。(中略)
5分
読みたい本を手にとり、1分間を使って1,2ページを読む。(中略)
6分
最後に、立ち上がって60秒間身体を動かそう。(中略)
1日の最初の6分間を、毎日こんなふうに活用できたらどうだろう。わずか6分間で、1日のクオリティが、ひいては人生がレベルアップするとしたら?
モーニングメソッドを日常的に短縮バージョンのみで行うのは推奨しないが、どうしても時間がとれないときは、「6分間のモーニングメソッド」も強力な助っ人として活用してほしい。

(ハル・エルロッド(著) 鹿田昌美(訳)『人生を変えるモーニングメソッド』より)

私には30分の運動という解決しなければならない問題がありました。そのとき、この逆転の発想というテクニックをふと思い出し、30分の運動の反対にあるものを考えてみました。アイスクリームを食べたりテレビを見たりするのも、運動とは反対の行動といえるでしょう。次に考えたのは、私にとって30分もの運動は、とてつもなく大きな挑戦(エベレスト)に思えるということでした。だとすれば、運動のスケールという点での反対という考え方もできるはずです。汗をかきながら不快な思いをして30分の筋トレをする代わりに、腕立て伏せを1回だけするのはどうだろう?それ以上を自分に強いることなく、とにかく1回だけ腕立て伏せをすることを目標にしてみては?それこそが私にとって、本当の意味で30分の運動の反対といえるものでした。
このばかげた考えを、最初は自分でも笑い飛ばしました。なんて哀れなんだろう!たった1回の腕立て伏せぐらいで何が変わるっていうんだ?もっとたくさん運動しなければならないことはわかっているじゃないか!しかし、それから何度も最初のプランに戻って試してみたものの、どうしてもうまくいきません。30分の運動という目標を達成できないことにうんざりした私は、ついにこう思いました。もういい、とにかく1回だけ腕立て伏せをしよう。私は床に手をつき、1回腕立て伏せをしました。そして、それが私の生活をがらりと変える1回になったのです。

(スティーヴン・ガイズ(著) 田口未和(訳)『小さな習慣』より)

“プチ朝活(2)” の続きを読む

台風19号、国交省の某事務所にて

皆様お疲れ様です。ピースです。
今日は前置き省略で。

台風19号、凄まじい風と雨ですね。
私は国交省の某事務所にて、出水の現地観測および記録に関する業務のため待機状態でした。
今は一旦引き上げてホテルで宿泊中ですが、明日も朝早くからの活動になります。 “台風19号、国交省の某事務所にて” の続きを読む

令和元年9月 studyplus記録

皆様おはようございます。ピースです。

10月になり朝晩は涼しくなりましたが、昼間は秋冬物だと暑く感じる日もありますね。
私は年度後半、業務が一気に立て込んでくる感じですが、体調に気を付けながら頑張っていきたいと思います。

さて、プチ朝活の話もまだ後半が残っていますが、本日は先月のスタプラ記録報告。 “令和元年9月 studyplus記録” の続きを読む