【雑記】安倍政権の現状とTPPについて…

そろそろ、安倍内閣に関して思うことをまとめ上げて記事にしたいとか思っていましたが、結局やらずに来てしまいましたね。

というわけで、今回こそはちゃんとやります。

結論から言うと、私は現在の安倍内閣に関しては「消極的支持」というスタンスをとっています。
「消極的」という時点でわかると思いますが、個別の政策を見ると、いろいろ問題はあると思うんですよ。

まずはじめに、私は、

安倍首相がTPP反対派だとは端から思っていませんでした。

民主党政権の時に、「安倍さんなら反対してくれるはずだ」という声も多かった気がしますが、私はこれに関してはほとんど信用していませんでしたね。

その理由は何かといいますと、第一次安倍内閣の時の政策方針です。
あの時は、明確に「小泉改革の後継者として」安倍さんが90代の首相に抜擢されましたね。

確かに、半分は、格差社会云々とかいって、マスコミの安倍バッシングの材料にされる標的になったのかもしれません。
でも、どう足掻いても、あと半分は、それが安倍氏の本意だったという解釈しかできないんですよね。

(ちなみに郵政民営化に関しては、私は一部のアメリカ陰謀論者のような、「良いところが何もなかった」という主旨の主張には賛同しません。ただし、少なくとも日本人には合わない政策方針であり、「デフレ下で」という点なども加味して全体を見れば失敗策だったということは間違いないと思います。TPPも、問題の方向は同じですよね。)

ですので、「TPP交渉参加を表明した時点で、安倍は売国奴だ」とかいう人の気持ちもわからんではありません。
ただ、それを今言うのであれば、野田首相の時にこの問題が浮上した際、上で述べた「安倍さんなら反対してくれるはずだ」を全力で否定してほしかったんですよ。

民主党政権の時は「民主党は売国政党いうということはもう誰もが知っている。ここで、『自民党も同じように売国政党だし、そこにいる議員が愛国派とか言われていても本質は変わらない』とか言う主張をすると保守分断の工作員って言われる」という考え方で鳴りを潜めておきながら、
今になって、「やっぱり駄目じゃねぇか。安倍信者こそが保守分断の工作員だろ」とかいう言い方をするのは、

私は正直、セコいやり方だと思います。

少なくとも、上述のような、問題を察知するための判断材料はあったわけですから。

とはいっても、それを言っちゃうと、私も明らかな後出しジャンケンをやってしまったことは否定できないわけです。

ここで、「消極的支持」というスタンスがどう効いてくるかという話ですが、
先ほど述べた「TPP交渉参加を表明した時点で、安倍は売国奴だ」という考えで、「やはり安倍政権を引きずりおろしてやろうか」、と主張される方には、

少なくとも、その代替案を言う必要が生じるわけですよ。

今更もう、「民主党のままでも良かったんじゃない?」とは死んでも言えないでしょうしね。
別に、「TPP以外もすべての政策を考慮したうえで、」共産やら生活やらが良いと思われる方は、もしいらっしゃるなら私は全く否定しません。
ただし、それを押し付けられるのはまっぴら御免ですが。

あるいは、愛国派の方でもできる方法として、自分が選挙に立候補することですね。
現状、新風とか、人がある程度集まっている政治団体でも議席が取れていない状況ですし、それで当選できるかは別問題ですが。

まあ、個人名は挙げませんけれども、若者投票の方にも、「個人としては」そういう考えの人はいると踏んでいます。
ただ、その「代替案」をどうやって「会の総意として」出すんだ?という問題が残るので、
前記事で告知したデモの主旨は「お願い」となっているんでしょうし、それだったら私も諸手を挙げて受け入れられる、というわけです。

はあ…まだ何も本質に斬り込めていない気がしますし、さらに対特ア外交とか、歴史認識とか、いろいろと話題が残っていますが、今日はこのくらいにしておきます。

【雑記】明日は投票日

もういよいよ投票日が明日に迫りましたね。
このブログを読まれている方々には投票の重要性はお分かりかと思いますので、今日はもうちょっとだけ踏み込んだ話をしたいと思います。

まずは、こちらの記事をお読みください。
http://blogos.com/article/51828/

何を感じたか、もちろん人それぞれでしょうが、私の思うところを。

今年はオリンピックがあった年でしたが、日の丸を掲げて応援する人たち、そして日の丸を背負って臨んだ選手たちの熱い心が伝わってきましたね。

で、スポーツではよく、監督の名前を冠において、「○○Japan」という言い方をしますよね。
一番代表的なのは、サッカーの「ザックJapan」だと思います。

上のリンクの記事を読んで思い返したことなのですが、
あるとき、私がふと思ったのは、「これって政治も同じじゃないの?」と。

ここで、スポーツ競技の監督にあたるポジションは、もちろん総理大臣です。
これが政権交代選挙直前の政権なら「麻生Japan」だったわけだし、今の政権(もう明日で終わりという雰囲気しかなくなってきていますが)なら「野田Japan」ということができるわけです。

それで、大事な点は、

その時その時の総理がどんなに有能でも無能でも、この事実は絶対に変わらない

ということです。

となれば、やるべきことはお分かりですね。

日本国民ひとりひとりが、有能な方を判断して選ぶ(間接民主制かつ議院内閣制ですから、できるのはあくまでその手助けまでですが)という手順を踏む必要があるわけです。

というわけで、最後のお願いですが、

どこの政党に入れろとは言いません(というか、そもそももう言ってはいけない)が、
投票には必ず行きましょう!

ちなみに、私も実家から住民票を移したのは、もともとは免許をこちらで取るためだったのですが、
それがなくとも、こういう投票の大事さに気づいていたら、現住所に移していたことでしょうし、
逆に気づいていなければ、そんなのメンドクサイって言って終わっていたと思います。

あと、もう一つ言えることは、
本来なら、その有能な方を判断する材料は、大マスコミが知らせなければならないもののはずですが、それが明らかにおかしな方向に行っているので、ネット言論の影響力が少しずつ大きくなっているということですよね。

これは目先ではなくもっと長期的な課題ですが、これからもぜひ皆様と取り組んでいきたいと思います。

(2014/12/13追記)

再び、衆院選の投票日前日になりましたので、この記事はもう一度ツイッターで拡散しています。
2年たって状況は色々変わりましたが、言いたいことは何も変わりません。

あと、引用先の記事に載っている春香クリスティーンさんについてですが、「ヒトラーの墓」発言で日本愛国派の方に大分叩かれていたのを覚えていますね。ただ、少なくとも「今の日本の、政治の話がタブーだという風潮は変えた方がいい」という主旨に関しては、今もって間違っていないと思います。

【雑記】「一次ソース」

前回ちょこっとそんな感じのことを言っていましたが、久々に活動報告等から離れた記事を書きます。

最近のネット言論について、個人的な印象なのですが、
自民政権(特に麻生氏の頃)の時には「一次ソース」という言葉をしばしば見かけていたのに、
民主政権になってから、見ることが少なくなったなあと思うんです。

加えて、
以前は「ネットで国会中継を見ましょう」とか、「大マスコミのフィルタリングがない政治家本人のブログを読もう」とか、そういうタイプの拡散もそれなりにあったのに、
最近は、「○○という法案が危険だ」とか、「日本を守れるのはこの人しかいない」とか、そういう情報だけがどうにも先走り気味な印象を受けます。

情報拡散の場の主流が、誰でも手軽にできるツイッターとかに移ったことが原因としてあるんでしょうかね。
喫緊性の高い問題があまりにも多くなりすぎた、ということもあるかもしれません。

ですが、こういう時だからこそ、より信頼性の高い情報源がある情報を見抜く力が必要ですよね。
これがないと、偽装工作員の策略にはめられます。

かくいう私自身も、以前と比較して情報源がまとめwikiだったり個人ブログだったりして、
情報源をより深く掘り下げることを怠るケースが多くなっているような気がしたので、自戒の念を込めて…。