「足底腱膜炎」を発症してしまったらしい…

皆様こんにちは。ピースです。

なんか、またJアラートが鳴ったようですね。
この話題も「いずれは取り上げたい」とか言っていながら、なかなかブログ更新自体の為の時間が取れずにいる感じですが、特に何もなければ、次回の更新で取り上げる予定にしています。

そして無事、土木学会全国大会による出張を終えたかと思えば、早速この3連休、台風が来そうな感じです。
私も、関東で出水があった場合は、現地観測に向かうことになりそうです。

…が、本日の本題は、「これまでの無理が祟ったかもしれないな」という話。


実は、1週間以上も前から、右足を少しばかり痛めていました。
私は普段から、家で毎日少しずつでも腕立て伏せとスクワットをやり、週1回くらい都内にある大学のキャンパスで、プールなりトレーニングジムを利用させてもらう(片道1時間くらいかかる場所ですが、前者はOBでも300円、後者は無料で利用できるので、近くのスポーツセンターの利用料とかを見ても、結構破格だと思います)という感じなので、運動の習慣はそこそこあります。
そして、時々負荷をかけすぎて体を痛めることはあっても、大体4~5日で自然に治る感じだったんです。
ですから、1週間以上も痛みが続くというのは、やはり気になっていました(そして、前回話題にした土木学会全国大会で普段慣れない場所を歩いたことで悪化したかも…とも思いましたし)。
安静にしているときは大丈夫ですが、歩くだけでも結構つらい感じです。

というわけで、今日は大事を取って有休を頂き、その自分の足で整形外科に行った診断結果が、
この記事のタイトルにある「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」ということでした。

レントゲンも撮ってもらい、骨には全く異常がなかったのでホッとしましたが、どうも、Googleでヒットしたサイトを見ると、治療法があっていないと、結構長引きやすい症状のようですね。
今でこそこのくらいの習慣が出来たものの、小学校~高校くらいの時は、やはり他の人より体を動かすのも好きではなかったタイプです。
なので、「偏平足」そして「体が硬い」という実感もありますし、正しいストレッチを行うことが重要ということでしょうか。

何はともあれ、「人間は二足歩行の動物」です。
「立つ」、「歩く」が出来なくなると大変ですよね。
皆様も、くれぐれもお気を付けください…

前回に引き続き、短い近況報告になりましたが、本日は以上。

よろしければ、1日1回応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

ブロトピ(ブログサークルSNS)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA